一目瞭然!読めばわかる恐ろしい睡眠薬の真実はココに!

 

yjimage

 

眠れない日が続くと、睡眠薬を服用してみようと考えることもあるでしょう。

 

しかし、睡眠薬には副作用に対する怖いイメージがあります。

 

ここでは、睡眠薬の副作用についてまとめました。

 

日本ではどんな睡眠薬が使われているの?副作用は??

 

water_medicine_hires

 

現在、日本で用いられている睡眠薬には、

ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系の二つの系統の睡眠薬があります。

 

睡眠薬にはさまざまな副作用が…

 

ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系を問わず、

主な副作用は以下のとおりです。

 

  • 寝起きが悪くなる
  • 日中ぼんやりしてしまう
  • ふらつく
  • 脱力感がある
  • 頭重感がある
  • 倦怠感がある

 

睡眠薬の副作用の原因は?

 

これらの副作用が起こる原因には、以下のものがあります。

 

  1. 覚醒時間まで続く睡眠薬の作用
  2. 睡眠薬に含まれる筋弛緩作用

 

これらの副作用対策としては、

作用時間の短い睡眠薬を服用したり、

筋弛緩作用の弱い睡眠薬を服用することで、

副作用を防ぐことができます。

(ただし、当然効果も減少します)

 

 

広く使われている睡眠薬。副作用についての情報公開は「?」

 

 

bored-16811_1920

 

現在日本で広く用いられている睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系です。

 

これに、かつてはバルビツール酸系の睡眠薬が用いられていました。

 

バルビツール酸系の睡眠薬は、依存性が問題となっていましたが、

現在使用されているベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、

以前より依存度が低くなっています。

 

 

製薬会社などの公開情報では、「依存性はない」と書かれていることが多いですが、

実際は、長期の服用を禁止しており、

依存性があり、医師の処方がない限り、服用は控えるべきです。

 

薬品の副作用に関する情報はあまり公開されない傾向があります。

 

表現はぼかされているにしろ、副作用があることには変わりありません。

 

睡眠薬の服用には十分注意しましょう。

 

 

不眠になったらまず試したい!睡眠サプリは⇒こちら

コメントを残す